補助金・助成金

令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、日本経済の屋台骨である中小企業・小規模事業者等が取り組む、生産性向上に資する革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援するものです。

令和元年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の公募を以下のとおり開始します。

公募期間

開始:2020年3月10日(火)       17時~
申請受付:2020年3月26日(木)  17時 (原則、電子申請)
第1次締切:2020年3月31日(火) 17時

※申請にあたっては、GビズIDプライムアカウントの取得が必要となります。未取得の方はお早めに利用登録を行ってください。

※本事業については、通年公募とし、約3ヶ月おきに締切を設ける予定です。次回の締切は5月頃を予定しております。

※1次締切に関する公募説明会は開催致しません。

対象要件

日本国内に本社及び補助事業の実施場所を有する中小企業者であり、下記の要件のいずれかに取り組むものであること。

「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3〜5年で、「付加価値額」年率+3%以上、かつ「給与支給総額」年率+1.5%の向上、及び事業場内最低賃金≧地域別最低賃金+30円を達成できる計画であること。

今回の公募での変更点(概要)

(1) 申請要件に、賃金引上げにかかる計画策定等を追加し、要件が未達の場合に、補助金の一部返還を求めます。

(2) 新型コロナウイルスの影響を受けて、サプライチェーンの毀損等に対応するための設備投資等を 行う事業者を加点措置や申請要件緩和等によって優先的に支援します。

(3)初めて補助金申請される方でも採択されやすくなるよう、過去3年以内に類似の補助金(ものづ くり・商業・サービス補助金)の交付決定を受けた事業者は、審査にて減点措置を講じます。

(4)中古設備や専門家活用にかかる補助対象経費を明確化しました。

(5)過去の申請実績を踏まえて、共同申請や設備投資を伴わない事業類型を廃止しました。

補助率・補助上限額

一般型

中小企業・小規模事業者が行う革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善に必要な設備投資等を支援。

補助上限額:1000万円

補助率:中小企業1/2、小規模企業社・小規模事業者2/3

*事業の詳細は公式サイトでご確認ください

詳細サイト

http://portal.monodukuri-hojo.jp/

補助金にご興味がある方は、お問い合わせくださいませ。

よくわかるシリーズ『ものづくり補助金』を併せてご確認くださいませ。
経費の対象になるもの・ならないものを記載しています。

よくわかる!ものづくり補助金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加